ホーム

ホテル

ゴルフ

ツアー

スパ

相互リンク


2012年1月28日
浸水したゴルフ場がプレイ可能に

パインハースト

スワンゴルフ

ロイヤルジェムズ

がプレー可能です。


h.atsumi@ichioshi.org

担当:平井
お気軽にお問合せ下さいませ

2012年1月26日
人気のゴルフコース

ロータスバレーゴルフクラブ

いちおし!VIPも、
早速コンタクトを取得しましたー。

バンコクなびさんのページで
詳細ご確認くださーい。

http://www.bangkoknavi.com/play/176

おとなお一人様
平日 ¥9200
休日 ¥12000
※カート代金
1台別途700バーツ現地精算

朝、ご宿泊ホテルロビーに日本語
ガイド&専用車がお迎え
ロータスバレーゴルフクラブへ
プレー代金、キャディー代金含む
日本語ガイド&専用車待機
ゴルフ終了後、ホテルへ送迎。


h.atsumi@ichioshi.org

担当:平井
お気軽にお問合せ下さい

2011年3月25日
1日でタイをたっぷり堪能ツアー

お客様からのリクエストにより
うまれたこちらの
たっぷりタイ堪能ツアー。
人気です!!

バンコク市内観光~マッサージ~
アユタヤ観光~アユタヤライトアップ
~カリプソ(良い席の確保頑張ります!)
~まで

【モデルツアースケジュール】
—アレンジ可能—

10:00 ホテルロビー集合
バンコク市内観光へ
ワットアルン,ワットポー,王宮、
エメラルド寺院の有名寺院を巡ります。

おすすめ!マッサージの総本山
本場のワットポーのマッサージで
心身ともに癒されます。
~タイ古式マッサージ~
お一人様/1時間・・370バーツ
お一人様/2時間・・740バーツ
※現地にてワットポーへ直接お支払い
下さい。
ガイドがお支払い方法&メニュー内容
を案内します。

昼食のアレンジ可能 / 別途

14:00 アユタヤ到着後、
アユタヤの主要寺院、ワットヤイチャイ
モンコン、ワットプラマハタート、
ワットプラシーサンペット、
ワットロカヤスタ見学。

18:00 遺跡の見えるレストランで
タイ料理の夕食
19:00 ライトアップされた遺跡巡り
(館内や寺院には入れませんが、ライト
アップされた敷地内を散策したり
(立入り禁止区域以外)、写真を
とったり と お楽しみいただけます)。 

ツアー終了後、 バンコクへ。

21:30 カリプソ アジアホテルへ
(ガイド&ドライバー待機)
カリプソ終了後、ご宿泊ホテル送迎。

ツアー料金 : 2名様 = ¥30000
ツアー料金 : 3名様 = ¥43000
ツアー料金 : 4名様 = ¥55000
※マッサージ料金&昼食代金以外
全て込みです

完全プライベート&VIP車両にてご提供。
こちら、
弊社ぎりぎりのお見積もりとなります。

ご希望のかたはこちらまで
h.atsumi@ichioshi.org

2011年3月24日
弊社パタヤ&ラン島ツアーの子供料金

弊社の人気ファミリーツアーパタヤ&ラン島ツアー
子供料金につきまして、お問い合わせがとても多いので、
こちらでご紹介いたします。

~5歳・・・無料
6歳~13歳・・・¥7900

なのですが、、、
大人3名様以上の場合は、
子供料金お一人様 ¥6900とさせていただきます。
例)大人3名(¥8900×3)+子供1名(¥6900)

また、
子供2名様以上の場合でも
子供料金お一人様 ¥6900でOKです。
例)大人2名(¥8900×2)+子供2名(¥6900×2)

ご希望のかたはこちらまで
h.atsumi@ichioshi.org

2011年3月19日
チェンマイおすすめホテル~5月末までの料金

1、メリディアン・チェンマイホテル
¥12600(1泊/1部屋料金)
デラックス・ツイン(朝食・税サービス料込)
.
2、シャングリラ・チェンマイ
¥17400(1泊/1部屋料金)
デラックス・ツイン(朝食・税サービス料込)
***無料特典***
フルーツバスケット
客室内でのインターネット
ホテル内スパ(Chi SPA)での30分足マッサージ@要予約
(2名分)
ホテル内レストラン(Kad Kafe)でのディナービュッフェ1回
(2名分)
.
3、チェディ・チェンマイ
¥17700(1泊/1部屋料金)
デラックス・ツイン(朝食・税サービス料込)
.
4、センタラ・ドゥアンタワン
¥7000
デラックス・ツイン(朝食・税サービス料込)

2010年12月11日
パタヤでさっくりプチ旅行

多忙だった9月、10月、11月。どこへも旅行へ行けなかった
いちおし!ファミリーは、年末年始のAKAリゾート行きを控え、
さっくり週末旅行できる、パタヤジョムティエンビーチへ2泊で
プチ旅行に行ってまいりました。

午前10時、のんびりとしたスターターでバンコクを出発し、
目指すはパタヤ手前のバンセン海鮮市場。
昼食を市場内のレストランでいただくのである。

久しぶりのシーフードの山盛りに胸高鳴る私。
そう、、、私はなによりもシーフードが大の大好物なのである。

タイといったら、エビ&蟹。
特にエビは(ブラックタイガー、バナエイエビ、車エビ、芝エビなど)
は、世界の60% を占めるエビ生産国の中心がタイであるほど。

我らがボス、トー社長が、レストランスタッフとメニューについて
あれこれ打ち合わせをしている。
この辺りからもうすでに私の胸は高鳴ってやまない。

トー社長は、レストランスタッフ(といっても店長または料理長レベル)
と、おもむろに
本日のおすすめはさることながら、本日の魚介類の摂れ高、新鮮具合、
調理法&味付け(私達好み)などを的確にオーダーしてくれるのである。

ちなみに余談だが、トー社長のお母様は、王族の宮廷料理を手がけた
経験もあるほどの抜群の料理の才能の持ち主。
(週末はきまってお母様のタイ料理を堪能できている私ってなんて幸せ者!)

そんな才能あふれるオフクロの味を幼少より堪能してきたトー社長の味覚は
もうもうなんといってもまちがいないのである。

本日とれたてぷりぷりのエビを使ったトムヤムクン(ココナッツミルクなし)、
エビ&蟹の炭火焼(どっさりと)、新鮮アサリの香草オイスター炒め、
新鮮アサリの酒蒸し(薄醤油風味)、白身魚の姿揚げ(醤油またはタイ風
ソースで)、タイ風エビチリソース、エビ&蟹入りふわふわオムレット、
香草とスパイシーさがたまらない新鮮エビのラープクン、イカの丸焼き
(醤油風味)、生牡蠣(シーフードソースとニンニク&オニオンチップス
または醤油&ライムで)….などを、
きりりと冷えに冷えたタイビールと共にいただく。

注:ここに登場する香草とは、あのくそまずい(失礼)パクチーではない
あぁ、これぞ、至福の時である。
今日まで健康に生きてこられたことに感謝である。

さて、自分の楽しみもそこそこ、愛しの我が娘も飽き気味となってきた
為、早々にレストランを退散。パタヤへ直行。

私達の宿泊ホテルはこちら
シーサイドジョムティエンビーチホテル
http://www.theseasidejomtienpattaya.com
のThe Seaside Suite(シーサイドスイートルーム)。

この部屋はおすすめである。
1泊¥36000だが、パタヤのちょっとした高級ホテルに泊まるくらいなら、
このホテルのスイートルームをおすすめしたい(大人3~4名&子供3~4名)
仲良しファミリー2家族なら申し分ない部屋割り。

お問合せ先
info@ichioshi.org

テラスでバーベキューも出来るし(屋根付きテーブルタイ風スタイル有り)、
専用ジャグジーもテラスにある。

ビーチは目の前、セブンイレブンは両隣に1件ずつ。
小さいけどプールもあるので、子供ずれでも充分楽しめる。

さて、
ホテルに到着後、荷物をお部屋に運んでもらって近くのショッピングセンター&市場へ今日の夕ご飯の買出しに。

ありましたありました!パタヤにはめずらしくあさりがありました!
早速、あさり、エビ、蟹、牡蠣などに加え、つまみになりそう&子供達が
大好きなお肉類&ソーセージもGET。
おいしいと評判のお店の炒飯と、野菜炒めも購入。

小瓶のビールもどっさり買い込み、お客様からお土産にいただいたシーバース
リーガル18年のおともにと、クラッシュ氷&ソーダもしっかりと購入。

いよいよパタヤの夜も本格派です(って地味かね?)
ふははは・・・夜遊びより心踊ってしまうのである。

パタヤ最高!シーフード最高!!

2010年10月20日
人気沸騰!アマタカントリークラブ

ただいま人気沸騰中のアマタカントリークラブのメンバー券を、
ゴルフを愛してやまないうちのトー社長が趣味で購入。

よって

予約がとれにくかったアマタが軽々予約できるように。
したがいまして、毎日どしどし予約受け中でございます。
基本 4名様1グループ
(トーがメンバーとして加わります。もちろん日本語堪能) 
お一人様21000円/平日料金

この料金の内訳は

・プレーフィーはもちろん
・キャディーフィー
・キャディーチップ
・ご宿泊ホテルからゴルフ場への送迎代金
・日本語ガイド料金
・ドライバーチップ
・ガソリン&高速代&駐車代

ゴルフ&旅行代理店には予約を認めておらず、
いわばビジターのプレーを認めないアマタスプリング。

タイの最高峰ゴルフクラブは、吹き抜ける風も違う。
一度、挑戦する価値あり。

ご予約はこちらからhttp://www.ichioshi.org/golf/golf01/amata_spring/index.html

2010年6月6日
アユタヤで交通安全厄除け祈願

いちおしビューティが韓国製のヒュンダイを購入したのでアユタヤへ交通
安全厄除け祈願へ行ってまいりました。
本当はエビを食べにいくのがメインだったり´∀`ウホホー!
アユタヤは、川エビの養殖が盛んで、エビ料理がとっても美味。
弊社ツアーのランチをエビ料理メインにしたい方は、ご相談下さい(笑)

アユタヤ王朝(1351年 – 1767年)は創設者ラマ1世(ウートーン王)により
栄えた王朝で、中国-インド-日本-ヨーロッパ方面を結ぶ中間に位置する
立地で活発に貿易を行い、莫大な富を蓄えました。

今でも残る遺跡群は、息をのむほどの美しさ。
夕日に映える時間帯の観光もよし、日中の照りつける太陽の下で遺跡を
観光するもよし。

歴史の奥深さにふれることができる不思議な空間です。

DSC01677<

さて、
車がたどりついたのは、遺跡から離れたアユタヤの奥地のとある寺院。

ここに、タイでも有名なお坊さんがおります。
このお坊さんはなんと驚くなかれ『透視』ができるんです。

生年月日、生まれた曜日から、その人の運命や今ある現状を透視し、
より良い方向に導いてくださる素晴らしいお方なのです。

DSC01696

交通祈願も早々に、、、透視していただきましたですよ。

そのすごさといったら・・・あたるあたるーー(((*´∀`)イャァ~おはずかし~。

結果・・・お坊さんの実力に驚いている場合ではなく

私は今、日本語で訳すところによる『大殺界』の真っ最中。
あと2年はぬけられぬ運命・・・。トホホゥ

お坊さんから、ありがたいメモ書きをもらい↓
『 黒い蝋燭・・・39本
  コインを39枚(バーツ)
  黄色い花・・・39ヶ 』

を次回、お供えに来るようにアドバイスをいただきましたですよ。

めちゃくちゃ悪運ただよえる自身の内部を覗いたにもかかわらず、
このアユタヤの空のように、雲ひとつなく爽快に晴れ渡っている私の心。
なぜならば、2年後には、考えられないほどの幸福が滝のようにじゃばじゃば
ふりかかってくるとおっしゃるのですから。
(*´∀`)キャッホー~(*´∀`)(*´∀`)キャッホー~

アユタヤの帰り道、なんだかとっても体が軽~くなったような不思議な感覚。
ほんと、アメージングタイランド だわァ。

早くいただいたメモの内容を市場でそろえなきゃだわ!☆!

DSC01706

妹の不幸をひとごとのように気にしないボス(姉)・・・・

帰りは、美味しいタイ料理のお店に寄り、舌ずつみをうち、、、、
いろいろな意味で『厄払い』ができてよかったなーー と 
しみじみ感動している次第でございますゥ。

毎日がんばるしかないわ ☆ふぁいとぉ~☆

2010年5月26日
カオヤイからの帰路

数日間、仲良くしてもらったキリマヤホテルスタッフ
のおねーさんと一緒にパシャリ。
涼しい顔してますが、娘 かなりなついてた模様です。

Picture 23 May 010

あまりに快適で幸せな滞在だったので、ホントにあっという間に時は過ぎ。
あー、帰りたくない。。。

また癒されに来ます。

たっぷりリゾートを堪能し、バンコクへの帰路ボナンザゴルフコース近く。
あまりに美味しいと評判のスモーク屋さんへ

Picture 23 May 037

この骨付きのスモークハムの塩味といったらもぅぅ絶妙。
燻製の香りといい、お肉の柔らかさといい、あまりのうまさに
突進的に3キロ購入!

Picture 23 May 035

帰り道にみつけたラッキー。
バンコクに帰ったら、まずはビールグラスを冷やしてっと♪

冷えひえのビールとスモーク肉で、まずは無事帰宅の乾杯と行きましょう。

それにしても うま~ぃ

”カオヤイ” ほんとにレコメンドっす

Picture 23 May 038

2010年5月18日

バンコク郊外(カオヤイ)を旅してます。
現在のバンコクは深刻な状態を脱した模様ですが
以前として緊迫状態です。

バンコクの喧騒をぬけだして、私達はここ
キリマヤホテルに宿泊しています。

http://www.kirimaya.com/resort/resort/roomrates/index.html

ここのリゾートの美しさといったら、さすがにファイブスター。

Picture 23 May 001

Picture 23 May 002

カオヤイは年間を通じて、バンコクより5度ほど気温が低く、牧場
ミルク工房、スモーク工房、ワインセラー、アウトレットがあり
避暑地として有名。

Picture 23 May 031

Picture 23 May 006

Picture 23 May 007

Picture 23 May 024

Picture 23 May 009

Picture 23 May 018

カオヤイまでは、バンコクから車でおよそ3時間程度。

ホテル予約はもちろんのこと、送迎のお手配、ガイドのお手配(ご希望により)、レストランのご予約、ツアースケジュールなど・・・お客様にぴったりのプランをご提案いたします。

お気軽に、お問合せ下さい。
info@ichioshi.org

それにしても、なんて素晴らしいんでしょ タイのリゾート・・・・。